運営委員長挨拶

運営委員長 恒川 哲也

スーパーコンピューティング技術産業応用協議会(産応協/ICSCP)は、2005年12月に設立され、我が国の高性能汎用スーパーコンピューティング技術の利活用促進を進め、産業の発展・強化につなげることを目的に様々な活動を展開してまいりました。
その活動内容は、大きくS・T・E・Pの4つのカテゴリーで構成されております。
すなわち

S:Spreading(普及啓発活動)
T:Technology Professional Development(人材育成活動)
E:Expansion of Utility(国産アプリケーションの利用拡大)
P:Policy Recommendation(施策提言・意見集約)

の4つです。

シミュレーション技術は、理論、実験と並ぶ「第三の科学」とも呼ばれ、基礎科学分野から産業分野まで幅広い応用が可能であり、今後の発展に大きな期待が寄せられております。これを支えるスーパーコンピューティング技術は、「Enabler技術」(勝つために必要不可欠な技術)であり、産業・科学技術の発展、国際競争力の強化、国民の安全・安心のための重要な技術基盤となってきております。
産応協は、産業界におけるスーパーコンピューティング技術の利活用の促進に向けて、今後も「STEP」活動を地道に且つ力強く進めてまいりますので、ご支援のほどよろしくお願い申し上げます。

スーパーコンピューティング技術産業応用協議会
運営委員長 恒川 哲也
(東レ(株)常務取締役)